放置しては治療できない

the colorful medicines

淋病という病気があります。あまり聞き慣れないという人も少なくありませんが、これは性感染症となります。性行為をする人は感染の危険性があります。淋菌に感染することで発症するようになっています。男性は尿道に感染することが多いので、排尿の際に痛みを感じることもあります。女性の場合はおりものに変化があります。匂いが強くなります。淋病は放っておいても治癒することはありません。そこで現在行われている治療法は、薬を使って菌を死滅させるというものです。薬をしっかりと服用することで少しずつ治っていくようになっています。淋病の可能性があるときには、泌尿器科や産婦人科を受診するようにします。完治までの期間は個人差がありますが、2週間前後となります。

淋病は基本的に抗生物質を服用するという治療方法となります。今後もこのような治療方法が行われると考えられていますが、最近では耐性菌と呼ばれるものが多くなっています。これは抗生物質を服用してもしっかりとした効果が得られないというものです。そこで淋病の治療方法として注射が行われるようになっています。静脈注射や筋肉注射となります。抗生物質は長期間服用しなければいけませんが、注射の場合は1回の治療で大きな効果を実感することができます。現在では注射だけで治療を行っているという病院は少なく、薬やほかの治療法と併用して注射が行われるケースが多くなっています。治療に関しては、医師の指示にしっかり従うようにします。